今日の聖書の言葉

贖罪の日(しょくざいのひ)

イスラエルの秋の例祭の第二番目に当たります(例祭全体の第六番目に当たります)。

(1)第7の月(ティシュリ)の10日が、贖罪の日に当たります。

(2)この日には、レビ記16章、23章に書かれてあった捧げ物にさらにプラスして、雄牛1頭、雄羊1頭、1歳の子羊7頭が捧げられました。

(3)この日は、第7の日でなくても、安息日と同様の扱いを受けています。つまり、いっさいの仕事が禁止されたということです。

(4)贖罪の日の捧げ物は、個人の罪というよりは、イスラエルの民全体の罪を贖うためのものでした。贖罪の日の儀式は、毎年イスラエルの民を清め、また幕屋を清めました。これを通して、イスラエルの民は、自分たちが聖なる神と特別な契約関係にあることを再確認しました。

(5)この日の特徴は、「断食」をするということです。そういう意味では、贖罪の日は、「祝いの日」ではなく、苦悶の日です。今でもユダヤ人たちは、この日に断食をしています。贖罪の日は、ユダヤ人たちにとっては最も厳粛な日、神の前に悔い改める日です。

(6)贖罪の日は、教会の携挙に続く大患難時代を予表しています。

出典:クレイ聖書解説コレクション「レビ記」