聖書入門.com > 3分でわかる聖書 > 献体するのは聖書的か。

今日の聖書の言葉

2022

10.28

Q.323 献体するのは聖書的か。

テキストで読む

Q.質問

Q:医学・歯学の大学における解剖学の教育・研究に役立たせるため、自分の遺体を無条件・無報酬で提供することは、聖書的ですか。

A.回答

A:はじめに

 この質問について、いつものように3つ申し上げます。

1番目に、聖書には献体に関する教えはありません。

(1)聖書の中心テーマは、神の栄光です。

(2)人類救済計画は、そこに含まれるテーマのひとつです。

(3)あらゆる質問に対する答えが聖書に書かれているわけではありません。

(4)聖書時代、献体はまだ存在していませんでした。

2番目に、聖書全体の記述から、献体に関する見解を導き出すことはできます。

(1)聖書は、隣人愛の重要性を教えています。

(2)献体は、人類全体への奉仕につながります。

(3)そういう意味で、献体は、隣人愛の究極的な形と言えます 。

(4)臓器提供の場合も同じことが言えますが、脳死判定の問題がありますので、より慎重に判断する必要があります。

3番目に、献体の最終的な判断は、各人が下すべきです。

(1)ある人は、体は神の宮なので、傷つけることは許されないと考えます。

  ①しかしこれは、生きている人の体について言えることです。

(2)またある人は、体の一部分が欠落していると、復活のときに困ると考えます。

  ①しかし、死ぬと人の体は地に戻ります。

  ②献体しても、復活になんの支障もありません。

(3)献体や臓器提供に関しては、反対意見も吟味した上で、判断する必要があります。

参考になる聖句

「愛する者たち。神がこれほどまでに私たちを愛してくださったのなら、私たちもまた、互いに愛し合うべきです」(1ヨハ4:11)

献体は、隣人愛の究極的表現です。