2014

11.12

仏教とキリスト教の違いに詳しい、永山 太さんが記者に加わりました。

「聖書の言葉」コーナーに、恵比寿聖書フォーラム*のリーダー永山 太さんが寄稿して下さいました。
永山さんはもともと「得度」と言われる僧侶入門の儀式を授かるほど、筋金入りの仏教徒でした。初めはクリスチャンを論破するために聖書を学び始めたのですが、後に仏教が教える死後の世界に対して疑問を抱くようになったそうです。
そんな永山さんは仏教とキリスト教の両方に詳しく、仏教・儒教文化で育った普通の日本人の生き方や死生観をよくご存知です。

  • 仏教の教えとキリスト教の教えの違いを知りたい!
  • なんとなく仏教を信じているけれど、本当のところ仏教はどんなことを教えているのか?
  • ずっとキリスト教しか知らなかったので、一般的な日本の死生観を知りたい

上記のような「知りたい」に応える永山さんのセミナー動画、そして今回寄稿して下さった「聖書の言葉」の記事をご紹介いたします。

*聖書フォーラムとは、ハーベスト・タイムが開催する聖書塾を卒業した塾生が主催する、アットホームな聖書の学びの会です。このネットワークは現在全国18カ所にまで広がっています。

恵比寿聖書フォーラム代表 永山 太 さん »記事一覧

1961年 奈良県にて生まれる
1986年 IBU四天王寺国際仏教大学 教育学科卒
2000年 得度・五重相伝 仏弟子となる
2007年 とある教会での論争をきっかけに聖書研究を始める
2008年 受洗
2011年 按手*を受ける
*按手とは、キリスト教会でクリスチャンを重要な職務に就かせる際に行われる儀式

関連した聖書の学び

永山 太さんの「仏教の世界観と聖書的世界観」セミナー【全4回】 アウトラインPDFはこちらから