聖書入門.com > 聖書の言葉 > 気持ちや心に関すること > 自分には価値がない、と思うとき > からだの中で比較的に弱いと見られる器官が、かえってなくてはならないものなのです。

今日の聖書の言葉

からだの中で比較的に弱いと見られる器官が、かえってなくてはならないものなのです。

紀元55年頃

使徒パウロ

目が手に向かって、「私はあなたを必要としない」と言うことはできないし、頭が足に向かって、「私はあなたを必要としない」と言うこともできません。それどころか、からだの中で比較的に弱いと見られる器官が、かえってなくてはならないものなのです。また、私たちは、からだの中で比較的に尊くないとみなす器官を、ことさらに尊びます。こうして、私たちの見ばえのしない器官は、ことさらに良いかっこうになりますが、かっこうの良い器官にはその必要がありません。しかし神は、劣ったところをことさらに尊んで、からだをこのように調和させてくださったのです。それは、からだの中に分裂がなく、各部分が互いにいたわり合うためです。もし一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、もし一つの部分が尊ばれれば、すべての部分がともに喜ぶのです。あなたがたはキリストのからだであって、ひとりひとりは各器官なのです。(1コリント12:21〜27)

人と自分の能力や容姿を比べて、自分はダメだと思うことはないでしょうか。しかし、聖書ではそうした考え方とは逆の価値観が教えられています。

続きを読む

ここでパウロは、キリストを信じた人々の集まり、教会を体にたとえて次のように語っています。

(1)教会の中で、不必要な器官は一つもありません。お互いがお互いを必要としています。

(2)弱いと見られる器官こそ、かえってなくてはならないものです。それらの器官こそ、尊ばれるべきものです。弱いと見られる器官が与えられている理由は、体の中に分裂がなく、各部分が互いにいたわり合うためです。

(3)結論として、26節の言葉が与えられています。「もし一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、もし一つの部分が尊ばれれば、すべての部分がともに喜ぶのです」

「弱いとみられる器官」とは、どういう人々のことを言うのでしょうか。病弱な人、貧しい人、人知れず祈り続けている人、人目につかないところで奉仕をしている人、などが考えられます。聖書の価値基準は、この世のものとは違います。