2015

10.26

Q.85 箴言にある矛盾した言葉をどう理解したらよいか。

今日は、さらりと読むと「ン?」となってしまう聖書箇所についてのご質問です。愚か者にどう対応すべきか?ということについて教えた言葉なのですが、箴言26章4節と5節は真逆のことを言っているようにも見えます。でも本来、このふたつはひとくくりの教えです。この箇所が伝えていることの本質を、読み解いていきます。

テキストで読む

Q. 質問

箴言26:4には、「愚かな者には、その愚かさにしたがって答えるな。あなたも彼と同じようにならないためだ」とあります。一方26:5には、「愚かな者には、その愚かさに従って答えよ。そうすれば彼は、自分を知恵ある者とは思わないだろう」とあります。

矛盾しているように思えますが、どう理解したら良いでしょうか。

A. 回答

これは矛盾ではありません。箴言26:4と5は、ひとくくりの教えです。

いつものように3つ申し上げます。

 

1.箴26:4は、人は愚か者のレベルに下ってはならないことを教えています。

(1)コメントや反論に値しない愚かな言葉を聞くことがあります。

(2)それに真面目に答えていると、自分もまた愚か者になってしまいます。

(3)そういう場合は、無視するのが最善の方法です。

 

2.箴26:5は、愚か者を傲慢なままにしておいてはならないことを教えています。

(1)時には、愚か者を叱責する必要があります。

(2)その叱責を通して、愚か者は自らの愚かさを学ぶのです。

 

3.どちらを採用するかを判断するためには、知恵が必要です。

(1)神を恐れることが、知識の始まりです。

参考になる聖句

「【主】を恐れることは知識の初めである。愚か者は知恵と訓戒をさげすむ」(箴1:7)

 

聖書の教えを実行するためには、知恵が必要です。

もっと詳しく知りたい方は

【主】を恐れることは知識の初めである。愚か者は知恵と訓戒をさげすむ」(箴言1:7)


タグ「難解な聖書表現」シリーズ

#34 新約聖書の四福音書を照らし合わせると明らかな矛盾があります。 これは、聖書にも間違いがある証拠ではないのですか