2015

04.13

Q.63 復活祭のことを、なぜイースターと呼ぶのですか。 また、ウサギやイースターエッグに、どのような意味がありますか。

日本でも最近、イースターがイベントとして人気になってきました。もとはキリストの復活を祝う日ですが、卵探しゲームやウサギの図柄のほうが一般に認知されているようです。その理由は・・・?

テキストで読む

Q. 質問

復活祭のことを、なぜイースターと呼ぶのですか。また、ウサギやイースターエッグに、どのような意味がありますか。

A. 回答

新約聖書には、イエス・キリストが私たちの罪のために十字架で死なれ、墓に葬られ、3日目に復活されたことが、記されています。しかし、イースターという言葉は出てきません。

それを前提に、いつものように3つ申し上げます。

 

1.イースターという英語は、ゲルマン神話から出ています。

(1)春の女神の名前は、「エオストレ(Eostre)」です。

(2)この女神は、豊穣神です。

(3)ゲルマン人たちは、春分の頃に、春の到来を祝う祭りを行っていました。

(4)クリスチャンがこの名称を使用するかどうかは、各人が判断すればよいのです。

(5)異教の祭りが、聖書的に贖われたと考えることもできます。

 

2.ウサギやイースターエッグも、聖書とは無関係です。

(1)ウサギは多産の動物で、「エオストレ」の地上での象徴です。

(2)イースターエッグを運んでくるのがウサギです。

(3)卵もまた豊穣のシンボルです。

(4)16世紀から17世紀にかけて、カトリック教会がこの習慣を採用しました。

(5)イースターの祝いをより面白くするためにです。

 

3.聖書にない習慣を取り入れるかどうかは、慎重に考えた方がよいのです。

(1)復活祭の中心は、イエス・キリストの復活です。

(2)それを理解しつつ、ウサギやイースターエッグを単なるゲームとして利用するなら、問題はないと思われます。

(3)クリスチャンにとっては、毎日が復活祭です。

 

復活祭の中心は、イエス・キリストの復活です。

 

参考になる聖句

「私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、また、葬られたこと、また、聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと、また、ケパに現れ、それから十二弟子に現れたことです」(1コリ15:3~5)

もっと詳しく知りたい方は

▼聖書に書かれていない物事の善し悪しをどのように判断したら良いでしょうか?

クリスマスはイエス・キリストの本当の誕生日ではないと、 どうして教えないのですか。

ハロウィンとは、キリスト教と関係ありますか?クリスチャンが祝っても大丈夫?


▼ユダヤ世界で書かれた聖書はやがて西欧諸国に伝わり、その影響を受けた後、日本に伝わってきました。聖書をユダヤ的に読む事の重要性を感じる動画です。

キリスト教って、西洋の宗教じゃないの?