聖書入門.com > 3分でわかる聖書 > 聖書は火葬を禁止していますか。

今日の聖書の言葉

2018

04.30

#170 聖書は火葬を禁止していますか。

,

ご質問をいただくまで編集Mは知りませんでしたが、クリスチャンの中には、火葬に反対の方もいらっしゃるのだそうです。でも、火葬については聖書は特に何も触れていません。さて、こういった「聖書に書かれていないけれど議論されている問題」について、どう考えたらよいでしょうか。

テキストで読む

Q. 質問

Q:火葬について 聖書はどう説明していますか。クリスチャンの中には、火葬反対の人もいるようですが。

A. 回答

A:確かに、クリスチャンの中には火葬に反対する人がいます。では、聖書はどのように教えているのでしょうか。いつものように3つ申し上げます。

1番目に、聖書のどこにも火葬に関する教えはありません。

聖書時代においては、火葬の習慣がありました。ただし、イスラエル人は一般的に火葬を避けて、横穴式の墓や地面に掘った穴などに遺体を埋葬していました。旧約聖書の中には、火に焼かれて死んだ例や、骨が祭壇の上で焼かれた例が出て来ますが、これは火葬とは異なります。モーセの律法には、火葬を禁じる命令はありません。また、火葬は呪いの象徴であるといった教えもありません。つまり、聖書を根拠に火葬に反対するのは難しいということです。

2番目に、火葬されても、死後の復活になんの影響もありません。

火葬に反対する人たちは、死体が残っていないと復活するのが難しくなると主張します。しかし、神にとっては、死体が残っているかどうかは問題ではありません。神は、火葬された人も、埋葬された人も、同じように復活させることができます。埋葬された人であっても、1000年も経てば遺体は完全に土に戻っています。火葬とは、遺体が朽ちていくスピードを埋葬の場合よりも速めたものだと言えます。

3番目に、このテーマは、クリスチャンの自由に関するものです。

聖書に明確な教えが書かれていない場合、クリスチャンには選択の自由があります。その場合、以下のような点に留意する必要があります。①神からの知恵を祈り求め、平安のある選択をする。②信仰をもってそれを実行する。信仰によらないことは、罪である。③他の人が別の選択をしても、それを批判しない。その人にもまた、選択の自由が与えられている。④隣人につまずきを与えないように注意する。

参考になる聖句

 「すべてのことは、してもよいのです。しかし、すべてのことが有益とはかぎりません。すべてのことは、してもよいのです。しかし、すべてのことが徳を高めるとはかぎりません (第1コリント 10:23)

 火葬をするかどうかは、各人の自由に委ねられています。