2017

01.30

#108 礼拝の心構えについて教えてください。

初めは礼拝に愛を求め、次は学習感覚、今は畏れをもって臨み、疲れてしまう・・・という今回の質問者様。ご自身の心がどんな状態の時も、神に招かれ、礼拝に出席できたというだけで大きな恵みのように思えます。さて、その恵みに応答し、神に喜ばれる礼拝を捧げるにはどうしたら良いでしょう。この質問そのものには共感できないという方でも、解説を聞けばきっと、もう一度フレッシュな気持ちで礼拝に臨みたくなります。

もっと詳しく知りたい方は

そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい(ローマ12:1~2)