2013

11.21

#18 神様はどうして、悪魔を放置しているの?

今回ももちろん、質問者の「なぜ?」に答える内容が語られていますが、この解説を聞くと「神とはどのようなお方で、悪魔とはどんな性質をもっているのか」よく理解できます。「神様どうしてーーー?!」と思ったり、悪魔や悪霊を恐れる気持ちになってしまうとき、もう一度見たくなる動画です。

テキストで読む

#18. 神様は、なぜ悪魔をただちに処罰しないのですか。

Q. 質問

神様は、どうして悪魔をただちに処罰しないで、放置しておられるのでしょうか悪魔がいなければ、世の中はもっと良くなるのではないでしょうか。

A. 回答

いつものように3つお答えしたいと思います。

1番目に、神様が悪魔を取り扱う方法は、人間には理解不可能です。分かりません。

この質問には、「こういう風にしたらいいのに、神様はなぜしないの」というようなニュアンスがあるわけですけれども、実際には、「神様の思い」というのは、人間である私たちに100%分かるようなものではありません。ですから、「分からない」という所から今日はスタートしたいと考えています。

例えば、「エデンの園の出来事」ですね。これに関しては、なぜ神様は、アダムとエバが誘惑されることを許されたのか、という疑問が湧いてきます。

「ヨブの体験」の場合も同じです。なぜ神様は、悪魔がヨブを苦しめることを許されたのか。答えるのが難しいですね。

とは言え、神様が悪魔をただちに処罰しない理由が何かあるはずです。それを考えてみましょう。

2番目に、この質問には、「悪魔の存在は好ましくないものだ」という前提があります。

しかし、人間の知るところは一部なのですから、常に慎み深く判断する要があります。つまり、「神様が直ちに悪魔を処罰しない理由が何かあるはずだ」といった、気持ちの余裕を持つ必要があるということです。

ここで思い出したいのは、「悪魔は全能ではない」という事実です。悪魔は、神様の許しの範囲でしか動くことができません。さらに悪魔は、私たちが同意しない限り、私たちに影響を与えることができません。これは大変重要な情報です。
全ての人が、誘惑に会います。しかし、心を開いて同意しない限り、悪魔は私たちを支配することができないのです。

3番目に覚えたいのは、「悪魔の策略」が、逆に「神の計画」を前進させる場合があるということです。

冒頭で、「神様が悪魔を取り扱う方法は分からない」と言いましたが、神様の視点からすると、ご自分の計画を前進させるために、あえて悪魔を放置しているということもあるのです。

私たちの信仰は、悪魔や、その手下である悪霊どもの誘惑を乗り越えることによって、成長します。試みなくして、信仰の完成はあり得ません。神は私たちを誘惑するような方ではありませんが、私たちが誘惑に会うことは許可される方です。アダムやヨブが悪魔の試みを受けたのは、その試みを通して、彼らがより高い信仰の段階へ引き上げられるためでした。

今日の結論は、2つあります。

  1. 神様が悪魔を扱う方法をすべて知ることは、不可能です。
  2. しかし、神様の計画の中では、悪魔を放置している積極的な理由もあるのです。

参考になる聖句

「しかし、驚くには及びません。サタンさえ光の御使いに変装するのです」(コリント人への手紙第二11:14)

「また、その啓示があまりにもすばらしいからです。そのために私は、高ぶることのないようにと、肉体に一つのとげを与えられました。それは私が高ぶることのないように、私を打つための、サタンの使いです」(コリント人への手紙第二12:7)