HOMEキリストと歩む人生の始まり

クレイ

イエス・キリストを信じ、さらに成長する毎日って?

お祈りをしてイエス・キリストを心に迎えた人は、新しく生まれた人です。この体験を、「霊的新生」と言います。霊的に新しく生まれた人は、「霊的幼子」です。霊的幼子は、一時的に信じる前の状態に後戻りするようなことがあっても、救いを失うことはありません。
神様は、私たちを導き、守ってくださいます。しかし、霊的幼子は成長する必要があります。そのために実行すべきことが、いくつかあります。

神様が備えてくださった3つの祝福とは?

(1)聖書を読むこと
聖書は、私たちが霊的に成長するための「みことばの乳」です。幼子が乳を飲んで成長するように、霊的幼子も「みことばの乳」によって成長します。「神様がそう言うのだから、とにかくやってみるか!」と、さらに一歩踏み出してみませんか?

(2)お祈りをすること
お祈りは、神様との会話であり、霊的呼吸です。幼子は、呼吸をしないと窒息死してしまいます。霊的幼子もそれと同じで、神様との対話が途切れると、霊的に窒息します。「天の父なる神さま」と呼びかけ、自分の思いを、自分の言葉で、神様に申し上げましょう。祈りの締めくくりとして、「主イエス・キリストのお名前によってお祈りします。アーメン」と言ってください。

(3)他の信者と交流すること
そのために、地域にある教会に通う必要があります。信者同志は、神の家族の一員です。とは言え、さっき信じたばかりで、いきなりどうやればいいの…というところですよね。思い切って、お近くのキリスト教会を訪ねてみてください。教会の方が、きっと親切に教えてくれるはずです。

聖書を読む「底ぢから」を育てましょう。

聖書を読んでいるけれど「実は意味がよく分からない」という事、ありませんか?
実は、聖書を読むにはツボがあるのです。聖書は様々な時代の、様々な記者・著者が神に導かれて書いた特別な書物です。
各書の時代的な背景、書かれた土地の文化、そして文脈を確認することで、面白いように聖書が理解できます。
Clay【クレイ】は、歴史的・文化的背景、そして文脈をキーワードに、毎日聖書を読んで祈るためのガイドブックで、毎日ネット上で無料公開しています。
初めて聖書に触れる方でも分かりやすい文章でお届けしております。

クレイ