聖書入門.com > 聖書の言葉 > 概念別テーマ > 聖書 > 神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。

神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。

紀元64〜68年頃

不明

神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。(ヘブル4:12)

聖書は、自分の心にあるものを映し出す鏡です。

続きを読む

聖書によって、私たちの心の奥底にある動機が暴かれ、隠れたものが明るみに出されるようになります。

そのようにして本当の自分の姿を知ることで、傲慢な人は謙遜になり、臆病者は勇敢な者に変えられ、自己中心な者は隣人を愛するようになり、罪を犯す性質はなくなっていくのです。