聖書入門.com > 3分でわかる聖書 > 救いは、死んだ時に明らかになるのですか。

今日の聖書の言葉

2019

07.18

Q.214 救いは、死んだ時に明らかになるのですか。

, , ,

何も良い行いをしてないし、むしろ御心にかなったことを何一つしてない私。福音の三要素は信じてるけど、本当にこんなんで大丈夫・・・? そう思ってしまう方は結構多いようです。でも、神が与える救いの確かさは、人間の不確かさによって左右されるようなものでしょうか?! さっそく解説をご覧ください。

テキストで読む

Q:私は、「福音の三要素」を信じています。しかし、自分が救われているという確信がありません。救われているかどうかは、死んでから明らかになるのではないでしょうか。私は、信じた後の生活次第で救いが決まると思っています。この考え方は、間違っているでしょうか。

A:これに類似した質問をよく受けます。これは、聖書的キリスト教とは何かを問う非常に重要な質問です。いつものように3つ申し上げます。

1番目に、これは「信仰のみによる救い」か、「信仰+行いによる救い」か、という問いです。

これは、宗教改革が起る原因となったテーマです。つまり、プロテスタント教会がカトリック教会から離れる原因となったテーマです。また、聖書的キリスト教と異端的キリスト教を区別するための基準となるテーマでもあります。どちらの道を選ぶかによって、それ以降の信仰生活が全く違ってきます。

 2番目に、これはパウロの教えか、ヤコブの教えか、という問いです。

  パウロは一貫して、信仰のみによる救いを教えています。これを信仰義認と言います。ところが、ヤコブの手紙2章24節には、パウロの教えと矛盾するような教えが出て来ます。 「人は行いによって義と認められるのであって、信仰だけによるのではないことが分かるでしょう」 。これをどう考えたらよいのでしょうか。

 この聖句を、文脈を押さえながら吟味すると、実は、パウロの教えとヤコブの教えの間に矛盾はないということが分かります。ヤコブは、本物の信仰であるかどうかは、信じた後に現れる「信仰の実」によって分かると教えているのであって、信仰のみによる救いを否定しているわけではありません。結論的には、パウロの教えとヤコブの教えは、一致しています。

 3番目には、これは聖書の教えか、人間の判断か、という問いです。

  救いは、恵みにより、信仰によって与えられます。つまり、救いのために人間が貢献できるものは何もないということです。これが聖書の教えです。しかし人間は、そんな「虫のいい話」を信じることは出来ない、自分も努力して良い人間に近づくことが救いを確定させる方法だと思ってしまいます。もしそうなら、救いは神からの賜物ではなくなります。「信仰+行いの救い」が正しいと思っているなら、その人はまだ救われていません。なぜなら、神のことばを疑っているからです。神を信用しないことが、罪の根源です。

 人は、信仰のみによって救われます。これが、キリスト教を他の宗教から別つ最大の特徴です。

参考になる聖句

「この恵みのゆえに、あなたがたは信仰によって救われたのです。それはあなたがたから出たことではなく、神の賜物です」(ピリピ 2:8)

人は、信仰のみによって救われます。

もっと詳しく知りたい方は

Q.114 救いの確信を得るためには、どうしたらいいのですか。

Q.207 疑いを乗り越える方法はありますか。

Q.186 一度救われたなら、救いを失うことはないのですか。

Q.160 信じることは救いの条件ですか。


もしかして、救われたけれど、いまだに「いい人間になれてない私」に不安を持っていますか・・・? がっかりしないで! 全てのクリスチャンは、聖霊によって変えられる過程の中を歩んでいるんです。