聖書入門.com > 音声メッセージ > 新・聖書入門講座 > 人生の謎を解く(1)―人はどこから来たのか―

人生の謎を解く(1)―人はどこから来たのか―

人類の始まりについて、聖書が何を教えているかを学びます。

スピーカー:中川健一

聖書箇所:詩篇139篇

収録日:2012/01/10

メッセージ再生(51:21)

アウトラインを見る

はじめに

(1)人はどこから来て、どこに行こうとしているのか。

(2)歴史から学ばないなら、未来を切り開くことはできない。
①過去から教訓を学ばない社会は、「記憶喪失症」になっている。
②過去を覚えていない人もまた、「記憶喪失症」になっている。

(3)激動期に入った今、世界史の再検討が始まっている。

(4)個人的な証し
①病弱の母がいつ死ぬのかと恐れた少年時代。
②死について真剣に考えた学生時代。
③クリスチャンになってからは、死への恐怖がなくなった。

(5)人類に始まりについて、聖書が何を教えているかを学ぶ。


 

1.一般的説明(進化論)

(1)神の存在を考慮せずに、世界の起源について説明しようとするのが進化論である。
①日本で受けた教育の中で、進化論以外の説明を聞いたことがなかった。
②当然、進化論は真理だと思い込んでいた。
③進化論は、私の知性だけでなく、感情面でも大きな影響を与えていた。

(2)進化論にはいくつかの致命的問題がある。
①進化論はあくまでも仮説であって、証明された真理ではない。
*進化論は、進化しつつある。
②小進化は可能であっても、大進化は不可能である。
*小進化とは、環境に適用した結果起こる小さな変化である。
*大進化とは、「種」の壁を超えるほどの大きな変化である。
③進化論ではすべてが偶然である。
*そのため、人生に意味を求めること自体が無意味となる。

(3)科学と聖書とは矛盾しない。
①矛盾しているように見えるのは、科学的説明と聖書解釈の間の矛盾である。
②聖書は、非科学的な書ではなく、超科学的な書である。

2.聖書とは

(1)聖書とは、啓示の書である。
①神は、人類に対してご自身を啓示された。
②神は、人類に対して救いの方法を啓示された。
③旧約聖書は39巻、新約聖書は27巻からなっている。
④旧約聖書、新約聖書の「約」は、契約を表している。
⑤神は、人類と契約を結ばれた。

(2)基本的には以下の2点について教えている。
①神とはどういうお方か。
②人は、どうすれば神に近づくことができるか。

3.創世記1、2章の説明

(1)創世記1、2章には、世界の始まりについての記述がある。
①進化論とは対立する創造論の説明がある。
(2)神についての啓示
①聖書の神は、創造主である。
②聖書の神は、絶対者である。
③聖書の神は、唯一(三位一体)である。
*創1:26にある「われわれ」という主語が、三位一体を暗示している。
「神は仰せられた。『さあ人を造ろう。われわれのかたちとして、われわれに似せて。彼らが、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地をはうすべてのものを支配するように』」

(3)人についての啓示
①人は、創造の冠である。
②人は、「神のかたち」に創造されている。
*精神的活動
*良心
*永遠(神)を思う心

(4)創造の目的についての啓示
①人が全地に増え広がり、被造の世界を支配するように。
②人が神との交わりを通し、神を喜ぶように。
③人が神の栄光を表すように。

4.神を体験する(詩139篇)

(1)この詩篇の作者は、ダビデである。
①作者は、神との親密な関係を保持していた。
②私たちも、この詩篇を通して神を体験することができる。

(2)内容の解説
①すべてを知っておられる神との出会い(1〜6節)
*神は全知全能である。
*日本的「分業の神」とは、根本的に違う。
②ともにおられる神との出会い(7〜12節)
*神は遍在しておられるお方である。
*その神から逃れようとしても、それは不可能である。
③創造主なる神との出会い(13〜16節)
*私たちは両親から誕生した。
*しかし、究極的な創造主がおられる。
*自分が神の作品であることを知るのは、喜びにつながる。
④信頼すべき神との出会い(17〜24節)
*人生には2つの道しかない。
*神に背を向けるか、神とともに歩むか。
*人は、信仰によって救われる。


 

まとめ

以下の質問に答えましょう。
(1)科学と聖書は矛盾するという意見に対して、どのように答えたらよいでしょうか。

(2)人は、「神のかたち」に造られたとありますが、人と動物の違いはなんでしょうか。

(3)進化論の立場に立つのと、創造論の立場に立つのとでは、「人生の意味」についてどのように考え方が変わると思いますか。

(4)詩139篇を何度も読み、次の質問に答えてください。
①神があなたのすべてをご存じだとすると、それは、あなたにとって喜ばしいことでしょうか。あるいは、恐ろしいことでしょうか。
②23、24節を自分の祈りとして、声に出して読んでみましょう。どのように感じましたか。

*次回は、神に創造された人類が、どうして苦難に会うようになったのか学んでみましょう。

祈ってみよう!

イエス・キリストを心に受け入れるにはどうしたらいい?

今、聖書に書かれている神の救いを、自分のものとして受け取りたいと思いますか?受け取る方法は簡単です!
神様がただ一つの救いの方法として示しておられる、イエス・キリストを心に迎える祈りをしてみましょう。あなたが良い人間である必要も、あなたが頑張り屋である必要もありません。祈り方はボタンをクリック!